PROJECT

PROJECT

  1. HOME
  2. ブログ
  3. プラネタリーヘルス
  4. プラネタリーヘルス

プラネタリーヘルス

プラネタリーヘルスとは?

PLANETARY HEALTH/プラネタリーヘルスとは、人と地球を相互依存関係にある一体の超生命体と捉え、多様な生物が生かし合う生態系を維持し、全体の健康を実現していくことを言います。(Environ Health Perspect. 2018 Jul 12;126(7)

個人の人を最適化する従来型のヘルスケアは、まさに「割り算」的思考です。
人があらゆる分野において、分断思考に基づいて人対自然と考えて、自然を侵し、社会システムを構築した結果、人を含む地球全体の病を生んでいます。

心身の病気や飢餓、貧困などの社会問題、差し迫る環境問題など、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に掲げられたあらゆる課題は、全て、人が自ら生み出し、全体を破壊しながら自らの首を絞めている、自己矛盾した状態です。

一人一人が健康な心身を保ちながら、壊れた世界を同時に治癒させていくためには、多様な生物が生かし合う全体のシステムを最適化することが必要です。
「プラネタリー」という言葉をイメージする時、脳内で「自分」対「地球」と分断せず、「人は多様な生命と生かし合いながら、地球という全体性の中で結ばれている」という器算的統合思考にシフトすることが、顕在化した問題を解決するために不可欠と考えます。

割り算的モノカルチャーから器算的な協生農法へ

協生農法(シネコカルチャー)は、人と自然を再接続し、環境負荷を減らすばかりか、人の営みによって、積極的に自然以上に生態系を拡張し、環境を改善させる切り札とします。ソニーコンピュータサイエンス研究所のシニアリサーチャー・株式会社SynecO代表取締役社長の舩橋真俊氏が、論理化、研究、実践しています。

(※協生農法は、株式会社桜自然塾の商標または登録商標です。)

協生農法(シネコカルチャー)は、まさに、器算的な発想によって確立されています。
従来型の農業は、本来自然状態では共生しているはずの他の植物や動物などを排除し、単一の作物だけを最適化するモノカルチャーで、割り算的です。

協生農法は、生態学的な視点に基づき、「生態系全体を最適化して、全体でいかに生産性を上げるか」を重視し、さらに人の活動により、自然状態以上に多様な「拡張生態系」を構築することを目指します。

単一の作物の収穫量ではなく、全体で生産性を上げていきます。規模にもよりますが、数十から数百の作物や、収穫を目的としない植物を同時に共生させます。

私たちは、プラネタリーヘルスを実現しながら、器算を可視化し体感できるツールとして、協生農法(シネコカルチャー)を様々な地域、学校でのエディブル教育などに展開していきたいと考えています。

Jリーグ「ガイナーレ鳥取」に圃場オープン

2021年春、様々なご縁が繋がり、ソニーコンピューターサイエンス研究所の指導の元、鳥取県米子市のJリーグ所属のサッカーチーム「ガイナーレ鳥取」の協力により、同チームのスタジアムとクラブハウスに隣接した空き地に圃場(農作物を育てる場所のこと)を開きました。

1日半で98種類の苗木と種を植えました。

鳥取県は、地方ならではの課題として、高齢化と過疎化が進み、農業の担い手不足から、米子市から境港市を含む弓ヶ浜半島は、全国で最も耕作放棄地が多い地域です。

ガイナーレ鳥取は、元々、スタジアムの芝生を無農薬で管理育成しており、その生産ノウハウをもとに、この弓ヶ浜半島の耕作放棄地を緑化し、閉じこもりがちな子どもたちに外遊びの場所を提供する「Shibafull(しばふる)」というプロジェクトを立ち上げて、地域課題解決に乗り出していました。

歴史的なジョホールバルのゴールを決めた日本の英雄、野人・岡野雅行さんをゼネラルマネージャーとするガイナーレ鳥取には、卓越した身体性を持つプロサッカー選手や、教員免許を持つスタッフがいます。彼らが「ガキ大将」となり、体と五感をいっぱい使って、子どもたちと安全な芝生の上で遊ぶというなんとも贅沢なプロジェクトを、なんと年間250回、18年連続で開催しています。Jリーグがホームタウン・社会連携に貢献し、社会に広く共有したい活動を表彰する「Jリーグシャレン!アウォーズ」で2年連続メディア賞に輝いています。

そんな実績のあるガイナーレ鳥取に、協生農法の圃場ができたわけです。痩せた砂地で、無農薬・無施肥の農業という常識破りなチャレンジですが、アフリカの砂漠地帯で成果を上げている協生農法だからこそ、真価を発揮してくれると期待しています。米子がエディブル・ジャングルとなり、地域課題の解決と共に、野人並みの身体知性を持った子どもたちが、協生農法の作物を通して根っこからも元気になりつつ、エコリテラシーを高める。その子どもたちが創る未来は明るいと考えています。

農業指導にはSONY「窓」を導入

コロナ禍の中での農業指導には、ソニーのオントロジカル・デバイス「窓」を設置しました。オントロジーとは、「存在論」の意味で、臨場感と気配を感じられるテレビ型のデバイスによって、2つの空間が接続し、共に在る体験を実現してくれます。

協生農法によって人と生態系ネットワークが結ばれ、また、「窓」によって空間や人と人の意識が結ばれ、拡張することで、分断された世界が一つになる器算的世界を描いています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月を選択