プロジェクト

各種プロジェクトのご紹介

大和算を応用・活用した各種プロジェクトをご紹介します。

今、個人、また社会全体に健在化したあらゆる問題は、
人類が生み出したものであると言えます。
器算を裏付けた人間の意識進化により、
顕在化した様々な環境問題や健康問題をはじめとした
様々な社会課題の解決の可能性があると私たちは考えています。

大和算とその教育体系であるQMLにより、
分断された各分野をメタ的に統合していくことで、
あらゆる分野をアップデートし、社会全体をアップデートしていきたいと考えます。

プラネタリーヘルスの実現

PLANETARY HEALTH/プラネタリーヘルスとは、人と地球を相互依存関係にある一体の超生命体と捉え、多様な生物が生かし合う生態系を維持し、全体の健康を実現していくことを言います。(Environ Health Perspect. 2018 Jul 12;126(7)

個人の人を最適化する従来型のヘルスケアは、まさに「割り算」的思考です。
人があらゆる分野において、分断思考に基づいて人対自然と考えて、自然を侵し、社会システムを構築した結果、人を含む地球全体の病を生んでいます。

心身の病気や飢餓、貧困などの社会問題、差し迫る環境問題など、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に掲げられたあらゆる課題は、全て、人が自ら生み出し、全体を破壊しながら自らの首を絞めている、自己矛盾した状態です。

一人一人が健康な心身を保ちながら、壊れた世界を同時に治癒させていくためには、多様な生物が生かし合う全体のシステムを最適化することが必要です。
「プラネタリー」という言葉をイメージする時、脳内で「自分」対「地球」と分断せず、「人は多様な生命と生かし合いながら、地球という全体性の中で結ばれている」という大和算的統合思考にシフトすることが、顕在化した問題を解決するために不可欠と考えます。

『腸と森の「土」を育てる–微生物が健康にする人と環境』(光文社新書)

UZWA共奏チームで医師である桐村里紗によるプラネタリーヘルスについての理論と実践の書を是非ご高覧ください。
「おわりに」には、光吉俊二特任准教授にもご登場いただき、大和算による説明を加えて、締め括っております。

本書にも、以下のプロジェクトをご紹介しています。

教育プログラム

未来を担う子どもたちが、素直な感性をそのままに響き合うために。
大人たちが、その子ども達を育む大きな器でいられるように。
私たちは、子どもたち、また親御さんや教員の方々にQuantal Mind Learning(QML)を学び、人生や仕事、そして新しい社会を共創するために役立てていただきたいと考えています。

現在、教育現場での試験的導入を進めながら、プログラムをアップデートしています。